上虎寝たきりゲーム研究所(Uetora Netakiri Game Kenkyusyo)【ツイッター:@ue_tora】

難病で全身性障害の【寝たきり障害者ゲーマー@筋ジス人工呼吸器24時間】がゲーム機への入力方法を研究してます。最近では視線検出装置でPC経由でゲーム機操作できたりします。障害あってもみんなと同じゲームがしたい!を応援したいので、もし相談・質問等があれば問い合わせフォームやツイッターのDMや等にご気軽に~【ツイッター:@ue_tora】

上虎寝たきりゲーム研究所(Uetora Netakiri Game Kenkyusyo)【ツイッター:@ue_tora】

 

「記事一覧」へのリンク

トップページが重い場合は、コチラへ!!(記事一覧)

https://uetora.hatenablog.com/archive

簡単な自己紹介です。(下に動画版もあります。)

こんにちは。

寝たきりで指先が少しだけ動く、

「寝たきり障害者ゲーマー」の上虎(うえとら)

と申します。

(人工呼吸器、気管切開、胃ろう)

ツイッター:@ue_tora 

YouTube note Instagram

ウエトラ君(赤)

・ゲームが大好きな寝たきりの重度身体障害者です。(DMD)

・人工呼吸器を使っています。

・気管切開をしています。

・身体障害者がゲームをするには工夫が必要で、PCを経由する方法とPCを経由しない方法があり、両方の知識があります

・色々なデバイスとPCアプリの組み合わせをゲーム機で試して障害があっても使う事が可能な入力手段を研究しています。
※ボタン入力/視線入力/PS4/PS5/Nintendo Switch/PCゲームなど

・自分のノウハウをネットに記録として残す事で誰かの参考になるかもしれないと思い、ブログ・SNSで発信しています。

・相談・質問などがあれば、ご気軽にどうぞ~。
(連絡先TwitterのDM・ブログのメールフォーム)

・「障害があってもゲームをしたい」や「障害があってもゲームをしたい人を支援したい」を応援しています。

  ・障害者・障害児の方、また、そのご家族様

  ・各種関係者の方
 (介護・看護・医療・リハビリ・学校・教育関係の方など)

  ・障害者eスポーツ関連の方

 からの相談・質問に、特に力を入れています。
(一般の方からの相談・質問にも分かる範囲でお答えします)

・障害方面の方に限りますが、場合によっては、リモートデスクトップでPCをリモート操作してPCの様子を見たり、PCアプリの設定のアドバイス等をする事も稀にあります

・自己紹介の動画版です。(準備中です。チャンネル登録はこちら。)

【裏ワザ】PS5でコンバーターを使う方法 / How to use converters on PS5【2022/08現在】

ブログ記事「【裏ワザ】PS5でコンバーターを使う方法 / How to use converters on PS5【2022/08現在】」のサムネイル画像

今回は、

【裏ワザ】PS5でコンバーターを使う方法【2022/08現在】

を画像を交えながら、ざっくりと解説していきます。

この記事は、「【裏ワザ】PS5でコンバーターを使う方法【2022/05現在】」をざっくりと紹介する記事です。

※この記事では、「障害者ユーザー」と「一般ユーザー」の両方を想定しています。

こんにちは。

寝たきりで指先が少しだけ動く、

「寝たきり障害者ゲーマー」の上虎(うえとら)

と申します。

(人工呼吸器、気管切開、胃ろう)

ツイッター:@ue_tora 

ユーチューブ note インスタ

ウエトラ君(赤)

コンバーターを福祉用途で使っています。障害者ゲーマーの必須アイテム。

自分は重度身体障害者でして、普通のゲームコントローラーを手で持つ事ができません。

なので、ゲーム機のゲームをする際は、自分が押せる形状のボタンを両手・両足・唇に配置して、それらを「コンバーター」と呼ばれる変換器でゲームコントローラーに変換する事で、ゲーム操作をしています。

※コンバーターの使用が禁止されているオンラインゲームでは使っていません。あくまで一人用のゲームをプレイするために使っています。

「視線入力」と「コンバーター」の組み合わせでゲームをしている重度身体障害者もおられます。

自分はまだ本格運用には至っていませんが、視線入力の機器やアプリを一通り持っていて知識はあるので、やり方を伝える事は可能です。

PS5の新作ゲームで一般的なコンバーターがはじかれる現象について(2022/08現在)

2022/08現在、PS5の新作ゲームを一般的なコンバーターを使ってプレイしようとすると、コンバーターがはじかれてゲームを操作できない現象が起こります。

PS5のホーム画面はコンバーターで操作できるんですが、PS5の新作ゲームを起動すると

現在のコントローラーではPS5のゲームをプレイできません。

というメッセージが表示され、操作できなくなります。

ちなみに、「PSボタン」と「Createボタン」(PS4でいうShareボタン)だけは反応するので、PS5のホーム画面に戻ったりはできます。

PS5の新作ゲームでコンバーターがはじかれた際のメッセージ

動画も作ってみました

文章よりも動画の方が分かりやすい人もいるかもと思い、初めて本格的な動画に挑戦してみました。
チャンネル登録・高評価などの応援があれば、今後も続けられるかもしれません。


www.youtube.com

PS5とコンバーターの話あれこれ

PS5初期のゲームの場合はコンバーター使用可

先ほど「新作ゲーム」という言い方をしたのは、「2020年~2021年前半頃に発売されたPS5初期のゲーム」と区別するためです。

話が脱線するためこの記事では詳しく触れませんが、「2020年~2021年前半頃に発売されたPS5初期のゲーム」には「サードパーティー製(非純正)PS4コントローラー」を使ったコントローラー認証回避方法があるので、コンバーターが使えます。

【例】
  • PS5版 バイオハザード ヴィレッジ(2021年5月発売)
  • PS5版 ファイナルファンタジー7 リメイク インターグレード(2021年6月発売)

PS4ゲームをPS5上でプレイする場合はコンバーター使用可。ただ・・・

PS5はPS4ゲームに対して後方互換性があるので、PS5上でPS4ゲームがプレイできます。

そして、PS5上でPS4ゲームをプレイする場合は、従来通りコンバーターが使えます。

おそらく、「PS4ゲーム限定でPS4コントローラーが純正・非純正どちらも使える」という仕様の影響です。

結果的に、PS5版とPS4版が両方用意されているゲームでは、「PS5版だとコンバーターをはじくがPS4版だとはじかない」という状況になります。

ただ、せっかくのPS5なのに、わざわざ旧世代機バージョンをやりたくないですよね。

はじかれないコンバーターもあるようです

はじかれないコンバーターもあるようなので、そのうち買って試してみようと思います。

商品説明を見ると、「PSリモートプレイ」の仕組みを使っているようです。

この記事では「PSリモートプレイ」の仕組みを詳しく解説していきますので、そのコンバーターのトラブルシューティングの際にも使える知識が含まれているのかなと思います。

「この記事を最後まで読むのは面倒だな」と思った方は、そのコンバーターを買ってみて実際に試してみた方が手っ取り早いかもしれません。

「PC版PSリモートプレイを経由する」という裏ワザがあります

PSリモートプレイ」とは?

PS5もしくはPS4をネットワーク経由で遠隔操作できる機能の事で、PC・スマホ・タブレット・PS4・PS5などから遠隔操作できます。

この記事では、「PC版PSリモートプレイ」を使います。

「PC版PSリモートプレイ」を使う意味

PCアプリ「PSリモートプレイ」は本来は、PCに接続した

  • 純正PS5コントローラー
  • 純正PS4コントローラー

でしか操作できないのですが、コンバーターに純正コントローラー役をしてもらう事でコンバーターが使えるようになります。

PCアプリ「PSリモートプレイ」は本来は、PCに接続した純正PS5コントローラー、もしくは、純正PS4コントローラーでしか操作できない

PCアプリ「PSリモートプレイ」は、コンバーターに純正コントローラー役をしてもらう事でコンバーターが使えるようになる

PCを持っていない場合はPS4でも代用できます。ただ・・・

PCを持っていない場合は、PS4にも「PS4版PSリモートプレイ」が入っているので、それを使う事もできます。

ただし、PS5のためにPS4を起動する事になるので、PS5とPS4を両方とも起動する事なり、実用的とは言えません。

理論上は可能だなと思い、実際に試してたみたところできたので、一応書きました。

「PC版PCリモートプレイ」の3つのラグ対策

ラグ対策が必要な理由

PSリモートプレイ」は「ネットワーク経由の遠隔操作」なので、PC上のアプリ画面を見ながらゲームをプレイすると、通信環境によっては若干の映像のラグが発生する場合があります。

そこで、ラグ対策をしっかりやっていきます。

いい方法があります。

ラグ対策①:PC上のアプリ画面は見ずに直接PS5の画面を見る

TVなどの今まで通りの映像機器側を見るようにすれば、「PC版PSリモートプレイ」が原因の映像のラグは無くなると言えます。

障害者ユーザーの方で、ゲーム画面をキャプチャーデバイスで取り込んでOBSのプレビュー画面を見ながら今までゲームをしていた場合は、今まで通りOBSのプレビュー画面を見てください。

TVなどの今まで通りの映像機器側を見るようにすれば、「PC版PSリモートプレイ」が原因の映像のラグは無くなると言えます

ラグ対策②:有線LAN

通常、PS5とPCはルータを介して同じ家庭内ネットワークに接続されていると思います。

そこを両方とも有線LANにすると安定します。

  • 「PS5→ル-ター」を有線LANにする
  • 「PC→ルーター」を有線LANにする

通信環境によってはWiFiと併用できるかもしれませんが(片方だけWiFiとか)、基本的には有線LANの方がいいかなと思います。

PCアプリ「PSリモートプレイ」は、「PS5→ル-ター」を「PC→ルーター」両方とも有線LANにすると安定します

ラグ対策③:「PC版PSリモートプレイ」の設定で画質を下げる

先ほどの「ラグ対策①:PC上のアプリ画面は見ずに直接PS5の画面を見る」をやっている場合は、「PC版PSリモートプレイ」のアプリ上の映像の画質が下がっても影響ありません。

なので、通信量を減らす目的で、設定で画質を下げると良いのではと思います。

  • 解像度
  • フレームレート

の項目があります。

PCアプリ「PSリモートプレイ」の「リモートプレイのビデオ品質」の設定画面

「PC版PCリモートプレイ」のダウンロード・セットアップ

「PC版PSリモートプレイ」のダウンロードと基本的なセットアップ方法は、公式サイトを見てください。

「PC版PCリモートプレイ」の仕様

PCアプリ「PSリモートプレイ」は本来は、PCに接続した

  • 純正PS5コントローラー
  • 純正PS4コントローラー

でしか操作できないのですが、コンバーターに純正コントローラー役をしてもらう事でコンバーターが使えるようになります。

この純正コントローラーかどうかの判定は、次の条件で判定されているようです。

PCに「Wireless Controller」というデバイスが接続されているか

「Wireless Controller」の確認はデバイスマネージャーでもできますが、もっといい方法があります。

「USBゲームコントローラーのセットアップ」

各ボタンの動作確認もできて一石二鳥です。

設定はできてるはずなのにアプリが動かない、等のトラブルの原因を見つけやすいです。

「USBゲームコントローラーのセットアップ」

USBゲームコントローラーのセットアップ

「USBゲームコントローラーのセットアップ」 を出すには、次のようにします。

  • Windowsのタスクバーの検索窓に「usb」と入力する
  • ショートカットの新規作成の画面を開いて入力欄に「joy.cpl」と入力すると一発で起動できるショートカットが作れます
  • 本体は「C:\Windows\System32\joy.cpl」にあるので、直接ショートカットを作ってもOK

ここに「Wireless Controller」があれば成功です。

複数ある場合は一番上の物になります。

後、重要な注意点があります。

ウィンドウが選択状態でないと動作しないので、見る直前に必ずウィンドウをクリックする必要がある

これをしないと表示が更新されないので、動作していないように見えます。

Windowsマークを右クリックして「検索」をクリックします。

【Windows11(Windows10/Windows8/Windows7も同じ手順)】Windowsマークを右クリック→「検索」

「usb」と入力して、出てきた「USBゲームコントローラーのセットアップ」をクリックします。

【Windows11(Windows10/Windows8/Windows7も同じ手順)】Windowsマークを右クリック→「検索」→「usb」と入力→「USBゲームコントローラーのセットアップ」が候補として出てくる


※別の開き方
  • デスクトップを右クリック→「新規作成」→「ショートカット」→「ショートカットの作成」ウィンドウで「joy.cpl」と入力して「次へ」ボタン→「完了」ボタン→「joy.cpl」へのショートカットが作成されたので開きます。

    【Windows】右クリックメニューの「新規作成」→「ショートカット」
    【Windows】ショートカットを新規作成する際に、「ショートカットの作成」ウィンドウで「joy.cpl」と入力する
    【Windows】「joy.cpl」へのショートカット

  • 本体は「C:\Windows\System32\joy.cpl」にあるので、直接ショートカットを作ってもOKです。

    C:¥Windows¥system32¥joy.cpl

  • 神モード(God Mode)」経由
    神モード.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}
    もしくは
    GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}
    という名前のフォルダを新規作成すると、「神モード(God Mode)」を開けるようになります。
    開くと、「USBゲームコントローラーのセットアップ」という項目があるので開きます。

    f:id:ue-tora:20220223152200p:plain


    【Windows】「神モード(God Mode)」ウィンドウで、「USBゲームコントローラーのセットアップ」という項目を見つける

「ゲームコントローラー」ウィンドウが表示され、「インストール済みゲームコントローラー」欄にWindowsが認識しているゲームコントローラー一覧が表示されます。

「USBゲームコントローラーのセットアップ」

「Wireless Controller」をダブルクリックもしくは「プロパティ」ボタンをクリックで動作テストのウィンドウを出して、実際に入力してみて反応があればOKです。

※違うウィンドウをクリックした状態だと反応しないので、必ず動作テストのウィンドウをクリックしてから反応を見るようにしてください。

【Windows11(Windows10/Windows8/Windows7も同じ手順)】Windowsマークを右クリック→「検索」→「usb」と入力→「USBゲームコントローラーのセットアップ」→コントローラー名(画像では「Wireless Controller」)ダブルクリックで出る動作テストのウィンドウ

コンバーターの設定変更の例

Titan One(タイタンワン)

「PCPROG」USB Mini-BポートとPCを接続する

Titan One(タイタンワン)の側面にある

「PCPROG」(ピーシープログ)と書かれている「USB Mini-Bポート」

とPCをUSBケーブルで接続します。

片側 USB-A、片側 Mini USB-B

のケーブルになります。

Titan One(タイタンワン)にケーブルが1本、付属しています。

コンバーターの設定変更の例①:Titan One(タイタンワン)-001

コンバーターの設定変更の例①:Titan One(タイタンワン)-002

公式PCアプリ「Gtuner Pro」のダウンロード

Titan One(タイタンワン)の公式サイトのダウンロードページの「DOWNLOAD」ボタンをクリックして

GtunerPro.zip

をダウンロードします。

コンバーターの設定変更の例①:Titan One(タイタンワン)-003

展開(解凍)、実行

ダウンロードした

GtunerPro.zip

日本語(全角文字)を含まないパスに展開(解凍)し、「PCPROG」(ピーシープログ)と書かれている「USB Mini-Bポート」とPCをUSBケーブルで接続した状態で

Gtuner.exe

を起動します。

※「デスクトップ」や「ドキュメント」や「ダウンロード」は日本語(全角文字)に見えますが、Windows内部的には英語(半角文字)なので可

日本語(全角文字)を含むパスの場合は、「Gtuner.exe」起動時に下の画像のエラーメッセージが表示されます。

※設定変更だけなら動作しますが、プラグイン「MaxAim DI」を使おうとすると正常に動作しないので、後でトラブルが起きるのを防ぐために日本語(全角文字)を含まないパスに展開(解凍)した方が無難だと思います。

Error trying to create or open the database.

コンバーターの設定変更の例①:Titan One(タイタンワン)-004

「Output Protcol」を「PS4 Remote Play」に変更

Titan One(タイタンワン)の公式アプリ「Gtuner Pro」のメニューから

Tools

Options...

「Device」タブ

と進んで

Output Protocol

PS4 Remote Play

に変更します。

「Close」ボタンもしくは「×」ボタン

をクリックしてウィンドウを閉じると反映されます。

コンバーターの設定変更の例①:Titan One(タイタンワン)-006

「OUTPUT」(アウトプット)をPCに接続

Titan One(タイタンワン)

「OUTPUT」 (アウトプット)と書かれている「USB-Aコネクタ」

をPCに接続します。

コンバーターの設定変更の例①:Titan One(タイタンワン)-007

コンバーターの設定変更の例①:Titan One(タイタンワン)-008

「Wireless Controller」が接続されている事になる

PCに接続すると、先ほどの「USBゲームコントローラーのセットアップ」に

Wireless Controller

が出現します。

この状態だと、コンバーターでPCアプリ「PSリモートプレイ」の操作をできるようになります。

コンバーターの設定変更の例①:Titan One(タイタンワン)-009

Titan Two(タイタンツー)

「PROG」USB Micro-BポートとPCを接続する

Titan Two(タイタンツー)の側面にある

「PROG」(プログ)と書かれている「USB Micro-Bポート」

とPCをUSBケーブルで接続します。

片側 USB-A、片側 Micro USB-B

のケーブルになります。

Titan Two(タイタンツー)にケーブルが1本、付属しています。

コンバーターの設定変更の例②:Titan Two(タイタンツー)-001

コンバーターの設定変更の例②:Titan Two(タイタンツー)-002

公式PCアプリ「Gtuner IV」のダウンロード

Titan Two(タイタンツー)の公式サイトのダウンロードページの「DOWNLOAD」ボタンをクリックして

GtunerIV.zip

をダウンロードします。

コンバーターの設定変更の例②:Titan Two(タイタンツー)-003

展開(解凍)、実行

ダウンロードした

GtunerIV.zip

を展開(解凍)し、「PROG」(プログ)と書かれている「USB Micro-Bポート」とPCをUSBケーブルで接続した状態で

Gtuner.exe

を起動します。

「Output Protcol」を「USB PlayStation 5」もしくは「USB PlayStation 4」に変更

Titan Two(タイタンツー)の公式アプリ「Gtuner IV」の右下の

「Device Configuration」タブ

に進み、少し上の

Output Protocol

「USB PlayStation 5」もしくは「USB PlayStation 4」

に変更します。

コンバーターの設定変更の例①:Titan Two(タイタンツー)-005

コンバーターの設定変更の例②:Titan Two(タイタンツー)-006

コンバーターの設定変更の例①:Titan Two(タイタンツー)-007

「OUTPUT」(アウトプット)とPCを接続

Titan Two(タイタンツー)

「OUTPUT」 (アウトプット)と書かれている「Micro USB-Bポート」

とPCをUSBケーブルで接続します。

片側 USB-A、片側 Micro USB-B

のケーブルになります。

Titan Two(タイタンツー)にケーブルが1本、付属しています。

コンバーターの設定変更の例②:Titan Two(タイタンツー)-007

コンバーターの設定変更の例②:Titan Two(タイタンツー)-008

「Wireless Controller」が接続されている事になる

PCと接続すると、先ほどの「USBゲームコントローラーのセットアップ」に

Wireless Controller

が出現します。

この状態だと、コンバーターでPCアプリ「PSリモートプレイ」の操作をできるようになります。

コンバーターの設定変更の例②:Titan Two(タイタンツー)-009

【裏ワザ】JoyToKeyをキーボードで使う方法

ブログ記事「【裏ワザ】JoyToKeyをキーボードで使う方法」のサムネイル画像

今回は、

【裏ワザ】JoyToKeyをキーボードで使う方法

を画像を交えながら、ざっくりと解説していきます。

2022/03現在、「エルデンリング」というゲーム(PS5版)をやっているんですが、この「裏ワザ」も操作に組み込んでプレイしています。

こんな特殊な使い方をする人は自分以外いない可能性がありますが(汗)、一応記事として書き残しておこうと思います。

この記事は、「【裏ワザ】JoyToKeyをキーボードで使う方法」、をざっくりと紹介する記事です。

※この記事では、「障害者ユーザー」と「一般ユーザー」の両方を想定しています。

こんにちは。

寝たきりで指先が少しだけ動く、

「寝たきり障害者ゲーマー」の上虎(うえとら)

と申します。

(人工呼吸器、気管切開、胃ろう)

ツイッター:@ue_tora 

ユーチューブ note インスタ

ウエトラ君(赤)

個人的な事情

自分は重度身体障害者でして、普通のキーボードを押す事ができません。

そこで、ゲームをする際は、ロジクール製「G600」というサイドボタンが豊富に付いているマウスのサイドボタンに、キーボードのキーを割当してゲーム操作をしています。

ただ、障害の影響で、全てのサイドボタンを押せる訳ではないんですよね。

そのため、押せるサイドボタンの数がどうしても限られてくるので、今度は「ボタン不足」問題が出てきます。

「ボタン不足」問題を解消するために、福祉用ゲームコントローラーや福祉用ボタンも併用していますが、G600」のサイドボタンでできる事を可能な限り増やしておきたい所です。

JoyToKeyの出番

そこで、Windows用アプリ「JoyToKey」の出番です。

JoyToKey」には様々な機能があります。

例えば・・・
  • 何ミリ秒以内にボタンを1回押すと「入力1」
  • 何ミリ秒以内にボタンを2回押すと「入力2」
  • 何ミリ秒以内にボタンを3回押すと「入力3」
  • 何ミリ秒以内にボタンを4回押すと「入力4」

JoyToKeyの設定画面の例(バージョン6.8)

ただ、非常に残念な事に、キーボードでの入力には非対応なんですよね。

WindowsPCに接続したゲームコントローラー専用なんです。

なんですが、ある2個のWindows用アプリと併用する事で、キーボードでの入力にも反応してくれるようになる「裏ワザ」があります。

仮想ゲームコントローラー vJoy

「裏ワザ」に必要な1個目のWindows用アプリが、仮想ゲームコントローラー「vJoyです。

vJoyをダウンロード

次のページに行って、「Download Latest Version」という緑色のボタンをクリックします。

vJoyをダウンロード #01

すると、自動的にカウントダウンが「5」から始まって、「0」になると自動的にダウンロードが始まります。

vJoyをダウンロード #02

ダウンロードするファイルを自分で選びたい場合は、最初のページの「Download Latest Version」ボタンのすぐ下にあるリストから進みます。

このダウンロードの仕方の場合も、自動的にカウントダウンが「5」から始まって、「0」になると自動的にダウンロードが始まる、という仕組みは同じです。

※2022/03現在の最新バージョンは、「Beta 2.x」(1番上)→「2.1.9.1-160719」(1番上)→「vJoySetup.exe」です。

vJoyをダウンロード #03

vJoyをインストール

ダウンロードした

vJoySetup.exe

を実行します。

「Next」ボタン連打でOKです。

vJoyをインストール #01

vJoyの設定

Windowsスタートメニュー→「vJoy」→「Configure vJoy」

を開いて、次の3ヶ所を変更して「Apply」ボタンをクリックします。(下の画像と同じになっているか確認してください)

  1. 「Number of Buttons」を「64」に変更
  2. 「POV Hat Switch」を「Continuous」に変更
  3. 「POV Hat Switch」内の「POVs:」を「4」に変更

Windowsスタートメニュー→「vJoy」→「Configure vJoy」を開く

Windowsスタートメニュー→「vJoy」→「Configure vJoy」を設定する

vJoy操作アプリ Virtual Controller

「裏ワザ」に必要な2個目のWindows用アプリが、先程の仮想ゲームコントローラー「vJoy」をキーボード等から操作できるアプリ「Virtual Controllerです。

Virtual Controllerをダウンロード

次のページに行って、「Download Latest Version」という緑色のボタンをクリックします。

Virtual Controllerをダウンロード #01

すると、自動的にカウントダウンが「5」から始まって、「0」になると自動的にダウンロードが始まります。

Virtual Controllerをダウンロード #02

vJoyをダウンロード #02

ダウンロードするファイルを自分で選びたい場合は、最初のページの「Download Latest Version」ボタンのすぐ下にあるリストから進みます。

このダウンロードの仕方の場合も、自動的にカウントダウンが「5」から始まって、「0」になると自動的にダウンロードが始まる、という仕組みは同じです。

※2022/03現在の最新バージョンは、「Virtual Controller v1072 Setup.exe」です。

Virtual Controllerをダウンロード #03

Virtual Controllerをインストール

ダウンロードした

Virtual Controller v■■■■ Setup.exe

を実行します。

「Next」ボタン連打でOKです。

Virtual Controllerをインストール #01

Virtual Controllerの初期設定

Virtual Controller」を起動します。

Virtual Controllerの初期設定 #01

メニューから「Settings」→「IO Devices」をクリックします。

Virtual Controllerの初期設定 #02

「IO Devices」ウィンドウが開きました。

「Physical」タブが表示されています。

「Keyboard」は最初からあるようです。

無い場合は、「Setup」→「Keyboard」をクリックして「Enable」にチェックを入れます。

また、「Mouse」がある場合は、「Setup」→「Mouse」をクリックして「Enable」のチェックを外します。

※マウス移動も入力に使いたい場合は、「Setup」→「Mouse」をクリックして「Enable」にチェックを入れてください。

Virtual Controllerの初期設定 #03

「Virtual」タブに移動します。

Virtual Controllerの初期設定 #04

「Setup」→「Generic Joystick (vJoy)」をクリックします。

Virtual Controllerの初期設定 #05

「Enable」にチェックを入れて、ウィンドウを閉じます。

Virtual Controllerの初期設定 #06

「vJoy 1」が出現しました。

ウィンドウを閉じます。

Virtual Controllerの初期設定 #06

Virtual Controllerの入力設定

※設定ファイルのサンプルを使いたい場合は、コチラへ。

ウィンドウを閉じたので、「Virtual Controller」の最初の画面に戻りました。

Virtual Controllerの入力設定 #01

メニューから「Settings」→「Controls」をクリックします。

Virtual Controllerの入力設定 #02

「Controls」ウィンドウが開きました。

Virtual Controllerの入力設定 #03

メニューから「Tools」→「Quick Binding」をクリックします。

Virtual Controllerの入力設定 #04

「Quick Binding」ウィンドウが開きました。

Virtual Controllerの入力設定 #05

「Output Device」欄「vJoy 1」になっている事を確認します。

Virtual Controllerの入力設定 #06

例えば、仮想ゲームコントローラー「vJoy」の「ボタン1」にキーボードのキーを割当したい場合は、Button [1] の「Assign」ボタンをクリックします。

Virtual Controllerの入力設定 #07

すると、「INPUT WAITING」と表示されて「入力待ち状態」になるので、例えばキーボードの「A」キーを入力します。

スクリーンキーボードでも可です。

※スクリーンキーボードを使う場合に、マウスが動いた瞬間に「入力待ち状態」が終わ場合は、「Virtual Controller」の最初の画面→「Settings」→「IO Devices」→「Physical」タブに「Mouse」が入っていると思うので、「Setup」→「Mouse」をクリックして「Enable」のチェックを外してください。

Virtual Controllerの入力設定 #08

Button [1] キーボードの「A」キーが割当されました。

ウィンドウを閉じます。

Virtual Controllerの入力設定 #09

1つ前のウィンドウに戻りました。

「Quick Binding」の結果が表示されています。

Virtual Controllerの入力設定 #10

設定の保存は、ウィンドウを閉じて「Virtual Controller」の最初の画面に戻って、「Settings」→「Save」からできます。

Virtual Controllerの入力設定 #11

設定ファイルのサンプル

設定ファイルのサンプルを作りました。

【Googleドライブ】 【One Drive】

使う場合は、ダウンロードした

Test001.vcd

を次のパスにコピーしてください。

(デフォルトのインストール先の場合)

C:\Program Files\Virtual Controller\Profiles

そして、次の操作で「Virtual Controller」に読み込ませます。

Virtual Controller」の最初の画面→「Settings」→「Load」→「Test001.vcd」を選択

設定ファイルのサンプル #01

Virtual Controller」の最初の画面→「Settings」→「Controls」をクリックした際に、次の画像のように「vJoy 1」の前に [?] の表示が無い事を確認してください。

ある場合は、

  • vJoy」のインストールが上手くできていない
  • 「vJoy 1」の設定が上手くできていない
  • 他の「vJoy」操作アプリが既に「vJoy 1」を使用中(UCR:Universal Control Remapper 等)

のどれかで、そのままでは「Virtual Controller」から「vJoy 1」を操作する事ができません。

原因を除去した後は、「Virtual Controller」を再起動して「vJoy 1」の前の [?] が消えている事を確認してください。

設定ファイルのサンプル #02

設定ファイルのサンプル #03

動作確認

JoyToKey」と「vJoy」と「Virtual Controller」が、設定通りに連動するか動作確認します。

先ほど「Virtual Controller」で設定した

vJoyの「ボタン1」=キーボードの「A」キー

をそのまま使います。

Virtual Controllerを動作開始

Virtual Controller」の最初の画面から「Settings」→「Run」をクリックします。

Virtual Controllerの動作確認 #01

コントローラーの絵が緑色に変わったら動作開始です。

※半角/全角キー(漢字キー)を押してしまうと、「Virtual Controller」が強制終了するので要注意です。

Virtual Controllerの動作確認 #02

「USBゲームコントローラーのセットアップ」を開く

Windowsマークを右クリックして「検索」をクリックします。

※画像はWindows11ですが、Windows10・Windows8・Windows7も同じ手順です。(Windows7のみ検索が右クリックではなく左クリック)

【Windows11(Windows10/Windows8/Windows7も同じ手順)】Windowsマークを右クリック→「検索」

「usb」と入力して、出てきた「USBゲームコントローラーのセットアップ」をクリックします。

【Windows11(Windows10/Windows8/Windows7も同じ手順)】Windowsマークを右クリック→「検索」→「usb」と入力→「USBゲームコントローラーのセットアップ」が候補として出てくる

※別の開き方

  • デスクトップを右クリック→「新規作成」→「ショートカット」→「ショートカットの作成」ウィンドウで「joy.cpl」と入力して「次へ」ボタン→「完了」ボタン→「joy.cpl」へのショートカットが作成されたので開きます。

    【Windows】右クリックメニューの「新規作成」→「ショートカット」
    【Windows】ショートカットを新規作成する際に、「ショートカットの作成」ウィンドウで「joy.cpl」と入力する
    【Windows】「joy.cpl」へのショートカット

  • 神モード(God Mode)」経由
    神モード.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}
    もしくは
    GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}
    という名前のフォルダを新規作成すると、「神モード(God Mode)」を開けるようになります。
    開くと、「USBゲームコントローラーのセットアップ」という項目があるので開きます。

    f:id:ue-tora:20220223152200p:plain


    【Windows】「神モード(God Mode)」ウィンドウで、「USBゲームコントローラーのセットアップ」という項目を見つける

「USBゲームコントローラーのセットアップ」を開いた後

「vJoy Device」があるので、ダブルクリックもしくは「プロパティ」ボタンをクリックで動作テストのウィンドウを出します。

「USBゲームコントローラーのセットアップ」で動作確認 #01

キーボードの「A」キーを押して、「ボタン①」の色が変われば成功です。

※違うウィンドウをクリックした状態だと反応しないので、必ず動作テストのウィンドウをクリックしてから反応を見るようにしてください。

「USBゲームコントローラーのセットアップ」で動作確認 #02

JoyToKeyで動作確認

JoyToKey」を起動して、「設定」→「全体設定」をクリックします。

「JoyToKey」と「vJoy」と「Virtual Controller」が設定通りに連動するか動作確認 #01

「押されているボタンをハイライト表示する」にチェックを入れます。

「JoyToKey」と「vJoy」と「Virtual Controller」が設定通りに連動するか動作確認 #02

ウィンドウを閉じて「JoyToKey」の最初の画面に戻って、「Options」タブに移動します。

「JoyToKey」と「vJoy」と「Virtual Controller」が設定通りに連動するか動作確認 #03

「設定したいジョイスティックの数 (Max 50)」欄に、ジョイスティックの検出本数と同じかそれより多い数を入力して、「変更」ボタンをクリックします。

画像では、「ジョイスティック:4本検出」と表示されているので、それより「1」多い「5」にしています。

「JoyToKey」と「vJoy」と「Virtual Controller」が設定通りに連動するか動作確認 #04

「Joystick」タブが、先ほど変更した数に増えます。

画像では、5個に増えています。

「JoyToKey」と「vJoy」と「Virtual Controller」が設定通りに連動するか動作確認 #05

キーボードの「A」キーを押すと、「Joystick」タブのどれかの色が変わります。

画像では、「Joystick 3」タブの色が水色に変わっています。

「JoyToKey」と「vJoy」と「Virtual Controller」が設定通りに連動するか動作確認 #06

反応があった「Joystick」タブに移動して、キーボードの「A」キーを押した時に「Button 1」の色が変われば成功です。

画像では、「Joystick 3」タブの「Button 1」が水色に変わっているので、成功です。

f:id:ue-tora:20220319153822p:plain

スクリーンキーボードで動作確認

スクリーンキーボードの「A」キーをクリックすると、「Joystick 3」タブの「Button 1」が水色に変わっているので、成功です。

「JoyToKey」と「vJoy」と「Virtual Controller」が設定通りに連動するか動作確認 #08

実際にエルデンリングで運用してみた

最終的に、「JoyToKey」が生成したキーボードのキーを、Titan Two」(タイタンツー)もしくはTitan One」(タイタンワン)というPC対応コンバーターに読み込ませます。

自分はTitan Two」(タイタンツー)を使っています。

例えば、

G600」のサイドボタンでキーボードの「Space」キーを入力

色々と経由

「Space」キーを短押しは「Options」ボタンでメニューを開く長押しは「タッチパッド」ボタンでマップを開く

等になります。

2022/03現在、PS5の最新ゲームはTitan Two」(タイタンツー)Titan One」(タイタンワン)も弾く仕様になってしまったので、仕方なく「PC版PSリモートプレイ」経由でプレイしています。

Titan Two」(タイタンツー)もしくはTitan One」(タイタンワン)に「PS4もしくはPS5純正コントローラ」に化けてもらって、出力をPCに繋ぐと一応プレイできます。

【Windows11/10/8/7/Steam】コントローラーを無効化する方法4選

ブログ記事「【Windows11/10/8/7/Steam】コントローラーを無効化する方法4選」のサムネイル画像

今回は、

Windowsでゲームコントローラーを接続したまま無効化する方法4選(Windows11・10・8・7・Steam)

を画像を交えながら、ざっくりと解説していきます。

この記事は、「Windowsでゲームコントローラーを接続したまま無効化する方法4選(Windows11・Windows10・Windows8・Windows7・Steam)」、をざっくり紹介する記事です。

※この記事では、「障害者ユーザー」と「一般ユーザー」の両方を想定しています。

こんにちは。

寝たきりで指先が少しだけ動く

「寝たきり障害者ゲーマー」の上虎(うえとら)

と申します。

【ツイッター:@ue_tora

ユーチューブ note インスタ

ウエトラ君(赤)

Windows上での認識名を調べる(Win11/10/8/7)

この記事で紹介する方法では、先にゲームコントローラーの「Windows上での認識名」を調べておくと後が楽です。

例えば、「PS4純正コントローラー」の「Windows上での認識名」は「Wireless Controller」なんですが、調べ方の一例を書いておきます。

※画像はWindows11ですが、Windows10・Windows8・Windows7も同じ手順です。(Windows7のみ検索が右クリックではなく左クリック)

※この手順は、ゲームコントローラー以外のUSB機器には使えません。

Windowsマークを右クリックして「検索」をクリックします。

【Windows11(Windows10/Windows8/Windows7も同じ手順)】Windowsマークを右クリック→「検索」

「usb」と入力して、出てきた「USBゲームコントローラーのセットアップ」をクリックします。

【Windows11(Windows10/Windows8/Windows7も同じ手順)】Windowsマークを右クリック→「検索」→「usb」と入力→「USBゲームコントローラーのセットアップ」が候補として出てくる


※別の開き方
  • デスクトップを右クリック→「新規作成」→「ショートカット」→「ショートカットの作成」ウィンドウで「joy.cpl」と入力して「次へ」ボタン→「完了」ボタン→「joy.cpl」へのショートカットが作成されたので開きます。

    【Windows】右クリックメニューの「新規作成」→「ショートカット」
    【Windows】ショートカットを新規作成する際に、「ショートカットの作成」ウィンドウで「joy.cpl」と入力する
    【Windows】「joy.cpl」へのショートカット

  • 神モード(God Mode)」経由
    神モード.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}
    もしくは
    GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}
    という名前のフォルダを新規作成すると、「神モード(God Mode)」を開けるようになります。
    開くと、「USBゲームコントローラーのセットアップ」という項目があるので開きます。

    f:id:ue-tora:20220223152200p:plain


    【Windows】「神モード(God Mode)」ウィンドウで、「USBゲームコントローラーのセットアップ」という項目を見つける

「ゲームコントローラー」ウィンドウが表示され、「インストール済みゲームコントローラー」欄にWindowsが認識しているゲームコントローラー一覧が表示されます。

【Windows11(Windows10/Windows8/Windows7も同じ手順)】Windowsマークを右クリック→「検索」→「usb」と入力→「USBゲームコントローラーのセットアップ」

これかな?と思うゲームコントローラー名をダブルクリックもしくは「プロパティ」ボタンをクリックで動作テストのウィンドウを出して、実際にゲームコントローラーのボタンを押してみて反応があれば正解です。

※違うウィンドウをクリックした状態だと反応しないので、必ず動作テストのウィンドウをクリックしてから反応を見るようにしてください。

それか、ゲームコントローラーを抜き差しして、「インストール済みゲームコントローラー」欄の増減を見る手もあります。

【Windows11(Windows10/Windows8/Windows7も同じ手順)】Windowsマークを右クリック→「検索」→「usb」と入力→「USBゲームコントローラーのセットアップ」→コントローラー名(画像では「Wireless Controller」)ダブルクリックで出る動作テストのウィンドウ

本題に戻ります。

方法①:デバイスマネージャーで無効化

Windows11の場合

デザインがWindows10と少し違うだけで、手順自体はWindows10と同じなので、「Windows10の場合」の方を見てください。

デザインが少し違う箇所の画像を貼っておきます。

Windows11のタスクバーのWindowsマークを右クリック→「デバイスマネージャー」

Windows10の場合

「デバイスマネージャー」を起動します。

タスクバーのWindowsマークを右クリック→「デバイスマネージャー」をクリックします。Windows10のタスクバーのWindowsマークを右クリック→「デバイスマネージャー」

「デバイスマネージャー」のメニューの、「表示」→「デバイス(コンテナー別)」をクリックします。

これをする事で、USB機器の見つけやすさが格段にアップします 。

※Windows8とWindows7には、この項目は存在しません。

Windows10の「デバイスマネージャー」のメニューの「表示」→「デバイス(コンテナー別)」

例として、「PS4純正コントローラー」を無効化します。

「PS4純正コントローラー」の認識名は「Wireless Controller」です。

「デバイスマネージャー」で「Wireless Controller」を見つけて展開します。

Windows11・Windows10の「デバイスマネージャー」で「表示」→「デバイス(コンテナー別)」で「Wireless Controller」を展開

「HID準拠ゲームコントローラー」を右クリック→「デバイスを無効にする」をクリックします。

「デバイスマネージャー」で「HID準拠ゲームコントローラー」右クリック→「デバイスを無効にする」


もしくは

「HID準拠ゲームコントローラー」をダブルクリック→「ドライバー」タブ→「デバイスを無効にする」ボタンをクリックします。

「デバイスマネージャー」で「HID準拠ゲームコントローラー」ダブルクリック→「ドライバー」タブ→「デバイスを無効にする」ボタン

Windows8・Windows7の場合

Windows8とWindows7の場合、「デバイスマネージャー」のメニューの「表示」に「デバイス(コンテナー別)」 という項目が存在しないので、ゲームコントローラーを無効化するには不向きです。

というのは、通常の表示方式では、「ヒューマン インターフェイス デバイス」内に「HID準拠ゲームコントローラー」がたくさんある場合に、目的のゲームコントローラーの特定が難しいからです。

※「HID準拠ゲームコントローラー」の数が少ない場合は、何とかなる思います。

※ゲームコントローラー以外のUSB機器の場合は、通常の表示方式でも名前を手ががりに見つけられると思います。

「HID準拠ゲームコントローラー」だらけの「デバイスマネージャー」

方法②:デバイスとプリンターで無効化(Windows7のみ)

タスクバーのWindowsマークをクリック→右列の「デバイスとプリンター」

【Windows7】「デバイスとプリンター」開く #01

例として、「PS4純正コントローラー」を無効化します。

「PS4純正コントローラー」の認識名は「Wireless Controller」です。

「デバイスとプリンター」で「Wireless Controller」を見つけてダブルクリック

「ハードウェア」タブ→「HID準拠ゲームコントローラー」をダブルクリックもしくは「プロパティ」ボタンをクリック

f:id:ue-tora:20220224085209p:plain

「ドライバー」タブ→「無効」ボタンをクリック

f:id:ue-tora:20220223162558p:plain

Windows11・10・8の場合最後の工程で「デバイスを無効にする」ボタンがグレーアウトしていてクリックできませんでした。

f:id:ue-tora:20220223155944p:plain

方法③:VMware Workstation Player

VMware Workstation Playerとは?

「VMware Workstation Player」とは、仮想PCを作成できる無料アプリです。

このアプリには、USB機器の抜き差しをシュミレーションする機能があります。

USB機器をPC実機に接続したまま取り外した事にして仮想PC側に接続する」という機能です。

この機能をどう使うのかと言うと、USB機器をPC実機に接続したまま取り外した事にできるので、今回の「ゲームコントローラーの無効化」に使える、という訳です。

非常にマニアックな使い方ですが・・・(汗)

メリットとしては、「デバイスマネージャー」を触るとたまに再起動を要求される事がありますが、この方法だとその心配がありません。

今回は、OSが入っていない中身が空の仮想PCを作って、USB機器をPC実機に接続したまま取り外した事にする手順を紹介します。

VMware Workstation Playerのダウンロード

次の「VMware」公式サイトのページ

に行って

VMware Workstation Player

を探して(2022/03現在、下から2番目)

製品のダウンロード

をクリックします。

無料の仮想PC作成アプリ「VMware Workstation Player」をダウンロード #01

開いたページの

ダウンロードする

をクリックします。

無料の仮想PC作成アプリ「VMware Workstation Player」をダウンロード #02

開いたページの

今すぐダウンロード

をクリックします。

無料の仮想PC作成アプリ「VMware Workstation Player」をダウンロード #03

すると

VMware-player-full-■.■.■-■■■■■.exe

というファイルがダウンロードされます。

VMware Workstation Playerのインストール

ダウンロードされた

VMware-player-full-■.■.■-■■■■■.exe

を実行して、画面の指示に従ってインストールします。

「次へ」ボタン連打でOKです。

無料の仮想PC作成アプリ「VMware Workstation Player」をインストール #01

「VMware Workstation Player」は個人利用は無料なので、ライセンスキーの入力はせずに「完了」ボタンをクリックします

無料の仮想PC作成アプリ「VMware Workstation Player」をインストール #02

すると、デスクトップに

VMware Workstation ■ Player

のショートカットが作られるので、起動します。

無料の仮想PC作成アプリ「VMware Workstation Player」を起動 #01

初回起動時の選択肢は

非営利目的で VMware Workstation ■ Player を無償で使用する

を選んで、「続行」ボタンをクリックします。

無料の仮想PC作成アプリ「VMware Workstation Player」を起動 #02

VMware Workstation Playerで中身が空の仮想PCを作成

起動したら

新規仮想マシンの作成

をクリックします。

無料の仮想PC作成アプリ「VMware Workstation Player」で中身が空の仮想PCを作成 #01

今回は、中身が空の仮想PCを作るので

後でOSをインストール

を選んで、「次へ」ボタンをクリックします。

無料の仮想PC作成アプリ「VMware Workstation Player」で中身が空の仮想PCを作成 #02

中身が空の仮想PCを作る場合は設定は適当でいいので、「次へ」ボタンを連打します。

無料の仮想PC作成アプリ「VMware Workstation Player」で中身が空の仮想PCを作成 #03

「完了」ボタンをクリックします。

無料の仮想PC作成アプリ「VMware Workstation Player」で中身が空の仮想PCを作成 #04

中身が空の仮想PCが作成されたので、選択して「パワーオン」ボタンをクリックします。

次に出るウィンドウは、内側をクリックしてしまうと、マウスカーソルが消えてしまうので注意してください。

復帰は「Ctrl+Alt」。

無料の仮想PC作成アプリ「VMware Workstation Player」で中身が空の仮想PCを起動 #01

中身が空の仮想PCが起動しました。

この時、ウィンドウの内側をクリックしてしまうと、マウスカーソルが消えてしまうので、注意してください。

復帰は「Ctrl+Alt」。

無料の仮想PC作成アプリ「VMware Workstation Player」で中身が空の仮想PCを起動 #02

PC実機に接続中のUSB機器を取り外して空の仮想PCに接続

メニューの「取り外し可能デバイス」から、PC実機(ホストPC)から取り外したいUSB機器の「接続(ホストから切断)」を選びます。

これで、USB機器をPC実機から取り外した事になります。

無料の仮想PC作成アプリ「VMware Workstation Player」でメニューから「取り外し可能デバイス」→「接続(ホストから切断)」をクリック

メッセージが出るので、「OK」ボタンをクリックします。

無料の仮想PC作成アプリ「VMware Workstation Player」でメニューから「取り外し可能デバイス」→「切断(ホストに接続)」をクリックした際に出るメッセージ

元に戻すには、メニューの「取り外し可能デバイス」から、「切断(ホストに接続)」を選びます。

無料の仮想PC作成アプリ「VMware Workstation Player」でメニューから「取り外し可能デバイス」→「切断(ホストに接続)」をクリック

方法④:Steamの設定で無効化

SteamでPC版ゲームをする場合は、Steam側の設定でゲームコントローラーを無効化できます。

まず、Steamクライアントを起動して、右上の「Big Pictureモード」のアイコンをクリックします。

Steamでゲームコントローラーを無効にする #1

「Big Pictureモード」が起動しました。

Steamでゲームコントローラーを無効にする #2

右上の歯車マークをクリックします。

Steamでゲームコントローラーを無効にする #3

「コントローラー設定」をクリックします。

Steamでゲームコントローラーを無効にする #4

ここで色々と設定できます。

Steamでゲームコントローラーを無効にする #5