上虎寝たきりゲーム研究所(Uetora Netakiri Game Kenkyusyo)【ツイッター:@ue_tora】

難病で全身性障害の【寝たきり障害者ゲーマー@筋ジス人工呼吸器24時間】がゲーム機への入力方法を研究してます。最近では視線検出装置でPC経由でゲーム機操作できたりします。障害あってもみんなと同じゲームがしたい!を応援したいので、もし相談・質問等があればツイッターのDM等にご気軽に~【ツイッター:@ue_tora】

 

Nintendo Switch/PS5/PS4をスクリーンキーボードとUCRで操作(Universal Control Remapper)Titan Oneを扱える非純正アプリ

 

 

ブログ記事「Titan Oneをスクリーンキーボードで操作UCR編(Universal Control Remapper)」のサムネイル画像

※この記事では、「障害があるユーザー」を想定しています。

今回は

Nintendo Switch/PS5/PS4をソフトウェアキーボードをマウスカーソルでクリックする事で操作する方法の一例

を紹介していきます。

今回組み合わる機器とアプリは、次の3つです。

  • Windows付属スクリーンキーボード
  • Titan One

    PC入力対応ゲームコントローラー変換器公式サイト
  • UCR (Universal Controll Remapper)

    Titan Oneを扱える非純正アプリダウンロード

※「UCR(Universal Controll Remapper)」以外の「Titan One」対応アプリの選択肢としては、次のような物があります。

  • MaxAim DI」:Titan One純正アプリGtuner Pro のプラグイン
  • gimx-launcher」:PS4のみ。Nintendo SwitchとPS5は不可。
  • miyasuku Game」:視線入力アプリ

こんにちは、寝たきり障害者ゲーマーの上虎(うえとら/Twitter:@ue_tora)と申します。

※「Titan One」(タイタンワン)を「Nintendo Switch/PS4/PS5」に導入する方法については、コチラの記事をご覧ください。

※「Titan One」(タイタンワン)をPlayStation公式アプリ「PC版PSリモートプレイ」で使う方法(PS4/PS5)については、コチラの記事をご覧ください。

それでは、本題に入ります。

ダウンロード

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)ダウンロード先

から

をダウンロードします。

インストール

を展開(解凍)します。

Titan Oneの導入

福祉用途にも使えるPC入力対応ゲームコントローラー変換器「Titan One」(タイタンワン)を「Nintendo Switch/PS4/PS5」に導入する方法については、コチラの記事をご覧ください。

起動

UCR.exe

を実行します。

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)起動中メッセージ「UCR is Loading」

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)が起動しました

キーボードでボタンを操作する設定

変換先がボタンの場合は、「Plugin Selection:」欄で「Remapper (Button to Button)」を選んで「Add」ボタンをクリックします。

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)の「Plugin Selection」欄で「Remapper (Button to Button)」を選ぶ

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)の「Plugin Selection」欄で「Remapper (Button to Button)」を選んで「Add」ボタンをクリック

出てきた「Add Plugin」ウィンドウの「OK」ボタンをクリックします。

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)の「Plugin Selection」欄で「Remapper (Button to Button)」を選んで「Add」ボタンをクリックした際に出てくる「Add Plugin」ウィンドウの「OK」ボタンをクリック

「Select an Input Button」ボタンをクリック→「Select Binding」

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)の「Input Button」の「Select an Input Button」ボタンをクリック→「Select Binding」

すると、「Press the button(s) you wish to bind to this control. Bind Mode will end when you release a key.」と出てキーボード入力待ちモードに入ります。

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)のメッセージ「Press the button(s) you wish to bind to this control. Bind Mode will end when you release a key.」

試しにWindows付属スクリーンキーボードで「A」キーを入力します。

※ソフトウェアキーボード「PIGY SOFTWARE KEYBOARD」だと、左クリックに反応してしまって上手く割当できません。

キーボードの「A」キーが割当されました。

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)の「Input Button」にキーボード「A」を割当

続いて、「Select an Output Button」ボタンをクリック→「Select Binding」→「Titan One Buttons」もしくは「Titan One D-Pad」→割当したいボタンを選びます。

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)の「Output Button」の「Select an Output Button」ボタンをクリック→「Select Binding」→「Titan One Buttons」→「XB360 A / XB1 A / PS3 Cross / PS4 Cross / Switch A」

試しに「XB360 A / XB1 A / PS3 Cross / PS4 Cross / Switch A」を選びます。

「Titan One Button 1」が割当されました。

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)の「Output Button」に「Titan One Button 1」を割当

試しにキーボードの「A」キーを入力すると緑ランプが2つ点灯します。

一番下の「Save Settings」ボタンをクリックで設定を保存できます。

キーボードでスティックもしくはPS4/PS5タッチパッドを操作する設定

変換先がスティックもしくはPS4/PS5のタッチパッドの場合は、「Plugin Selection:」欄で「Remapper (Button to Axis)」を選んで「Add」ボタンをクリックします。

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)の「Plugin Selection」欄で「Remapper (Buttons to Axis)」を選ぶ

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)の「Plugin Selection」欄で「Remapper (Buttons to Axis)」を選んで「Add」ボタンをクリック

出てきた「Add Plugin」ウィンドウの「OK」ボタンをクリックします。

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)の「Plugin Selection」欄で「Remapper (Buttons to Axis)」を選んで「Add」ボタンをクリックした際に出てくる「Add Plugin」ウィンドウの「OK」ボタンをクリック

「Low」の「Select an Output Button」ボタンをクリック→「Select Binding」

「Low」の意味は「マイナス方向」の意味で、次のような使い方をします。

  • スティック上方向 Y軸マイナス方向(上方向だからプラス方向じゃない?思うかもしれませんが合っています)
  • スティック左方向 X軸マイナス方向

すると、「Press the button(s) you wish to bind to this control. Bind Mode will end when you release a key.」と出てキーボード入力待ちモードに入ります。

試しにWindows付属スクリーンキーボードで「B」キーを入力します。

※ソフトウェアキーボード「PIGY SOFTWARE KEYBOARD」だと、左クリックに反応してしまって上手く割当できません。

キーボードの「B」キーが割当されました。

「Select an Output Button」ボタンをクリック→「Select Binding」→「Titan One Axes」→割当したいスティックもしくはPS4/PS5のタッチパッドを選びます。

試しに「XB360 LX / XB1 LX / PS3 LX / PS4 LX / Switch LX」を選びます。

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)の「Output Button」の「Select an Output Button」ボタンをクリック→「Select Binding」→「Titan One Buttons」→「XB360 LX / XB1 LX / PS3 LX / PS4 LX / Switch LX」

「Titan One Axis 1」キーが割当されました。

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)の「Output Button」に「Titan One Axis 1」を割当

同様に「High」の「Select an Output Button」も割当します。

「High」の意味は「プラス方向」の意味で、次のような使い方をします。

  • スティック下方向 Y軸プラス方向(下方向だからマイナス方向じゃない?思うかもしれませんが合っています)
  • スティック右方向 X軸プラス方向

試しにキーボードの「B」キー、「C」キーを入力すると「Preview」の所が左右に動きます。

一番下の「Save Settings」ボタンをクリックで設定を保存できます。

スクリーンキーボードで実際に操作

動きました。

UCR(Universal Controll Remapper)は最小化OKです

【Titan One】UCR(Universal Control Remapper)+スクリーンキーボードの動作確認

トラブルシューティング

純正アプリ「Gtuner Pro」のメニューにある「Tools」→「Device Monitor」で入力の様子を観察できます。

f:id:ue-tora:20210611000823p:plain

右下「Output」欄を該当ゲーム機に変更します。
(例:「OUTPUT: SWITCH」)

f:id:ue-tora:20210611002820p:plain