上虎寝たきりゲーム研究所(Uetora Netakiri Game Kenkyusyo)【ツイッター:@ue_tora】

難病で全身性障害の【寝たきり障害者ゲーマー@筋ジス人工呼吸器24時間】がゲーム機への入力方法を研究してます。最近では視線検出装置でPC経由でゲーム機操作できたりします。障害あってもみんなと同じゲームがしたい!を応援したいので、もし相談・質問等があればツイッターのDM等にご気軽に~【ツイッター:@ue_tora】

 

コンバーターTitan Oneのキーボード/マウス設定MaxAim DI編【福祉用途にも使える!】

 

 

ブログ記事「コンバーターTitan Oneのキーボード/マウス設定MaxAim DI編【福祉用途にも使える!】」のサムネイル画像


※この記事では、「一般ユーザー」と「障害があるユーザー」の両方を想定しています。

今回は

福祉用途にも使えるPC入力対応ゲームコントローラー変換器「Titan One」(タイタンワン) のキーボードとマウスの設定方法

を紹介していきます。

正確に言うと

純正アプリ「Gtuner Pro」のプラグイン「MaxAim DI」のキーボードとマウスの設定方法

になります。

※「MaxAim DI」以外の「Titan One」対応アプリの選択肢としては、次のような物があります。

こんにちは、寝たきり障害者ゲーマーの上虎(うえとら/Twitter:@ue_tora)と申します。

※「Titan One」(タイタンワン)を「Nintendo Switch/PS4/PS5」に導入する方法については、コチラの記事をご覧ください。

※「Titan One」(タイタンワン)をPlayStation公式アプリ「PC版PSリモートプレイ」で使う方法(PS4/PS5)については、コチラの記事をご覧ください。

それでは、本題に入ります。

MaxAim DIの画面を出す

福祉用途にも使えるPC入力対応ゲームコントローラー変換器「Titan One」(タイタンワン)を「Nintendo Switch/PS4/PS5」に導入する方法については、コチラの記事をご覧ください。

Titan One」(タイタンワン)の純正アプリ「Gtuner Pro」を起動します。

Gtuner Pro」を開く際に次の画像のエラーメッセージが出る場合は、「Gtuner.exe」がある「GtunerPro」フォルダが日本語(全角文字)を含まないパスに展開(解凍)されているか確認してください。

【OK例】C:\Users\ユーザー名\Desktop\GtunerPro

※「デスクトップ」や「ドキュメント」や「ダウンロード」は日本語(全角文字)に見えますが、Windows内部的には英語(半角文字)なので可

Error trying to create or open the database.

【Titan One】「GtunerPro」フォルダのパスに日本語(全角文字)が含まれている場合に「Gtuner Pro」を開く際に出るエラーメッセージ「Error trying to create or open the database.」
純正アプリ「Gtuner Pro」のメニューにある「Plugins」→「Plugin Manager」
【Titan One】「Gtuner Pro」メニューの「Plugins」→「Plugin Manager」
MaxAim DI」を選択した状態で「Install」ボタンをクリックします。
【Titan One】「MaxAim DI」をインストール
MaxAim DI」のインストールが完了するのを待ちます。
【Titan One】「MaxAim DI」インストール中
純正アプリ「Gtuner Pro」のメニューにある「Plugins」→「MaxAim DI
【Titan One】「Gtuner Pro」メニューの「Plugins」→「MaxAim DI」

MaxAim DI」を開く際に次の画像のエラーメッセージが出る場合は、「Gtuner.exe」がある「GtunerPro」フォルダが日本語(全角文字)を含まないパスに展開(解凍)されているか確認してください。

【OK例】C:\Users\ユーザー名\Desktop\GtunerPro

※「デスクトップ」や「ドキュメント」や「ダウンロード」は日本語(全角文字)に見えますが、Windows内部的には英語(半角文字)なので可

Error trying to create or open the database.

There was an error trying to list the layouts of the database.

【Titan One】「GtunerPro」フォルダのパスに日本語(全角文字)が含まれている場合に「Gtuner Pro」のプラグイン「MaxAim DI」を開く際に出るエラーメッセージ1「Error trying to create or open the database.」
【Titan One】「GtunerPro」フォルダのパスに日本語(全角文字)が含まれている場合に「Gtuner Pro」のプラグイン「MaxAim DI」を開く際に出るエラーメッセージ2「There was an error trying to list the layouts of the database.」
MaxAim DI」のメニューにある「File」→「New Empty Layout」
【Titan One】「MaxAim DI」メニューの「File」→「New Empty Layout」
「OK」ボタンをクリックします。
【Titan One】「Layout Name」ウィンドウで「OK」ボタンをクリック
PS3コントローラーの図が出ます。

※出ない場合は、「Gtuner.exe」がある「GtunerPro」フォルダが日本語(全角文字)を含まないパスに展開(解凍)されているか確認してください。

f:id:ue-tora:20210610225925j:plain

MaxAim DI」のメニューにある「Layout Options」→「Controller」→「PS4」
【Titan One】「MaxAim DI」メニューの「Layout Options」→「Controller」→「PS4」
【Titan One】「MaxAim DI」

この時点で、コントローラーの図のボタンをクリックすると反応するはずです。

ちなみに、図はPS4コントローラですが、PS5やNintendo Switchにも入力できます。

※「Enter Capture Mode」ボタンををクリックすると、マウスカーソルが消えるモードになるので要注意。マウスカーソル復帰は「Ctrl + Esc」。

※マウスカーソルが有る状態(「Enter Capture Mode」ボタンをクリックしない状態)で、スクリーンキーボードやソフトウェアキーボードをマウスカーソルでクリックして操作したい福祉用途使用のユーザーの方は、こちらの記事をご覧ください。

キーボードを設定

「MaxAim DI」でボタンを右クリック→「Keystroke」
【Titan One】「MaxAim DI」でボタンを右クリック→「Keystroke」
次の画像のように「Catch Keystroke」ウィンドウで「Please press a key...」というメッセージが出てキーボード入力待機中になるので、キーボードで入力します。
【Titan One】「MaxAim DI」の設定。キーボード入力待機中
試しに「PlayStationなら○ボタン/Nintendo SwitchならAボタン」にキーボード「A」を設定してみました。
【Titan One】「MaxAim DI」で「PlayStationなら○ボタン/Nintendo SwitchならAボタン」にキーボード「A」を設定
応用編として、「MaxAim DI」でボタンを右クリック→「More」で複数動作の設定ができます。
【Titan One】「MaxAim DI」でボタンを右クリック→「More...」

試しに「PlayStationなら○ボタン/Nintendo SwitchならAボタン」にキーボード「A」「B」「C」を設定してみました。

【Titan One】「Mappings to [Circle]」ウィンドウ

これを活用すると、例えば

  • キーボード「A」は「○ボタン」単独
  • キーボード「B」は「十字ボタン上」+「○ボタン」同時押し

とかの場合分けに使えます。
(「十字ボタン上」の副ボタンにもキーボード「B」を設定する必要があります)

マウスを設定

マウスの移動を割当する場合は、
「MaxAim DI」でボタンを右クリック→「Mouse Up」「Mouse Down」「Mouse Left」「Mouse Right」。
マウスのホイール上下は「Mouse Wheel Up」「Mouse Wheel Up」です。
【Titan One】「MaxAim DI」でボタンを右クリック→「Mouse Up」
試しに「右スティック上」にマウス「上方向」を設定を設定してみました。
【Titan One】「MaxAim DI」で「右スティック上」にマウス「上方向」を設定
感度などの細かい設定は、「MaxAim DI」のメニューにある「Layout Options」→「Mouse Settings...」にあります。
【Titan One】「MaxAim DI」メニューの「Layout Options」→「Mouse Settings...」
例えば、感度は「Sensitivity」です。
【Titan One】「MaxAim DI」メニューの「Layout Options」→「Mouse Settings...」
「マウスの左/右/中央クリック」を割当する場合は、
ボタンを右クリック→「Mouse Button」をクリック

※次にマウスの左/右/中央クリックが入力されるまでマウスカーソルが消えます。

f:id:ue-tora:20210610234557j:plain

マウスカーソルが消えて、次の画像のように「Catch Mouse Button」ウィンドウで「Please press a mouse button...」というメッセージが出てマウスボタン入力待機中になるので、「左/右/中央クリック」を入力すると、割当が完了してマウスカーソルが復帰します。

f:id:ue-tora:20210610234614j:plain

試しに「PlayStationなら○ボタン/Nintendo SwitchならAボタン」に「左クリック」を設定してみました。

f:id:ue-tora:20210610235819j:plain

ゲームコントローラー(1個まで)を使う場合の設定

「MaxAim DI」のメニューにある「Direct Input」→「DI Settings...」

f:id:ue-tora:20210608212137j:plain

出てきた「Direct Input - Game Controller Settings」ウィンドウの「Game Controller:」欄で使いたいゲームコントローラーを選びます。

細かい設定は「IX、IY、IRx、IRy」のデッドゾーンの設定ぐらいしかできません。

f:id:ue-tora:20210608213224p:plain

「MaxAim DI」のメニューにある「Direct Input」→「Enabled」にチェックを入れます。

f:id:ue-tora:20210608213522j:plain

2パターンあります。

唯一、「Enter Capture Mode」ボタンをクリックしない状態(マウスカーソルが有る状態)で使える入力です。

  • パターン1「MaxAim DI」でボタンを右クリック→「Direct Input Capture」で、次の画像のように「Catch DI Input」ウィンドウで「Please press a button...」というメッセージが出てゲームコントローラー入力待機中になるので、先ほど選んだゲームコントローラーの割当したいボタンを入力します。
    ※先ほど選んだゲームコントローラー以外のゲームコントローラーの入力には反応しません。

    f:id:ue-tora:20210610093131j:plain

    f:id:ue-tora:20210610171123p:plain

  • パターン2「MaxAim DI」でボタンを右クリック→「Direct Input List」→割当したい入力をリストから選んで「OK」ボタン。 f:id:ue-tora:20210611001710j:plain f:id:ue-tora:20210610093537p:plain

応用編として、「Enter Capture Mode」ボタンをクリックしない状態(マウスカーソルが有る状態)で使える入力という特性を利用した、スクリーンキーボードやソフトウェアキーボードをマウスカーソルでクリックして操作したい福祉目的使用のユーザーの方向けの方法があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

PC上のキーボードとマウスとゲームコントローラー(1個まで)でゲームする場合

全ての設定が完了したら、「Enter Capture Mode」ボタンをクリックします。

「Enter Capture Mode」ボタンををクリックすると、マウスカーソルが消えるモードになるので要注意。マウスカーソル復帰は「Ctrl + Esc」。

マウスとキーボードは、マウスカーソルが消えるモードでないと使えません。

例外として、ゲームコントローラーは、マウスカーソルが消えるモードでなくても使えます。

※マウスカーソルが有る状態(「Enter Capture Mode」ボタンをクリックしない状態)で、スクリーンキーボードやソフトウェアキーボードをマウスカーソルでクリックして操作したい福祉用途使用のユーザーの方は、こちらの記事をご覧ください。

トラブルシューティング

純正アプリ「Gtuner Pro」のメニューにある「Tools」→「Device Monitor」で入力の様子を観察できます。

f:id:ue-tora:20210611000823p:plain

右下「Output」欄を該当ゲーム機に変更します。
(例:「OUTPUT: SWITCH」)

f:id:ue-tora:20210611002820p:plain